よくあるご質問

ダイヤモンド投資

ダイヤモンドはいい投資になるでしょうか?

ダイヤモンドは非常に投資に値するアイテムになる原因はいくつがあります。近年、ダイヤモンドという"永遠なる"稀少な宝石は投資目的に用いられることが安全だと証明されている。銀行や金融機関にとってダイヤモンドは汎ゆる貸借、貨幣の変動やインフレーションなどリスクの保障になる。而も、ダイヤモンドは安全な投資アイテムだけでなく、広く世界の市場から見ればその価格も明らかに上昇しているのだ。

ダイヤモンドがなぜ貴方の投資組合せにとって重要なアイテムになるかは、我々の専門知識や経験で色んな視点から下記5つの理由にまとめました。

  1. 元々税と相性が良いので利益を得やすい
  2. 危機抵抗力
  3. 最大の安全性
  4. 選択性流通性
  5. 非凡な感情的価値
ダイヤモンド投資のメリット

ダイヤモンドを動く資産として運用するのが最適です。何故なら、たくさんのメリットがあるからだ。

  • インフレ、市場崩壊、貨幣改革を恐れない
  • 匿名(登録する必要がない)
  • 破産証明
  • 全世界で換金できる。ダイヤモンドは金と同じ概念で価値を保つことができるので、通貨のように世界に公認されているのである。
  • 価値収益税がない(= 免税改善)
  • 維持コストがほぼない
  • 人望が集められる
  • 価格の独立性−ダイヤモンドの価格は法律に縛られることなく、それ故え世界的不景気の中でも価値を保つことができる。
  • 強気の価格−ダイヤモンドの価格は既に歴史上の失敗や経済の衰退から完全に回復した。
  • ダイヤモンドは非常に重要な感情的価値がある、代々受け継がれる。
  • 理論上では、世界大戦が起きれば汎ゆる通貨の価値が暴落し、不動産さえ価値が失う。科学の発展が進めば新たな資源が発見される、競争をすれば弱い者がなくなっていく、然しダイヤモンドの価値は永遠であり、無くなることはない。今あるダイヤモンド鉱山はほぼ人に知られていて、時間が経つにつれてダイヤモンドも自然の資源と同じ益々稀少になっていく。この事実が正にダイヤモンドの長期価値が上昇する鍵となる原因なのだ。
  • ダイヤモンドと芸術品はうまく融合することができる。これは数少ない実際に投資アイテムが実用の商品に変身する例であり、目に見えるダイヤモンドをジュエリー商品に嵌め込み、それもまた安全な投資であることを象徴している。
  • 需給バランスが崩れるという予測心理が働いてるこそ、強く価格を支えることになる。近い将来に価格の上昇が加速する可能性も高いと思われます。
  • 車、家具、リアルファーなど多くの贅沢品は、時間が経つにつれて価値も失っていく。ダイヤモンドは全くその反対で、原因はただ一つ、その変わりのない無敵の硬さであるのだ。

結論:

  • 一般的にダイヤモンドは安全な投資だと思われている。そして同時に美しい外見を持つ、贅沢感やなんとなくの強い所有感覚なども、ほかの金融投資からじゃ感じられないものだ!
  • 投機心理で莫大なリターンに期待してダイヤモンドを投資するのであれば、最初から投資するべきじゃなかった。
  • もし貴方が安全な投資をしたい、基本価値が維持した上で徐々に増加するという本質の投資アイテムを求めたい、そして自分の意思で好きな時に転売したいならば、ダイヤモンドが最も良い選択になります。
ダイヤモンドの価格はどういうふうに変化する、そして危機や暴落にどう対応すべきでしょうか?

ダイヤモンドの価値は時間が経つにつれて上昇するのである、しかも市場ではこの価値の上昇は更に激しくなることを見込んでいるのです。

グラフからダイヤモンドの価格上昇変化をご覧になると( 1Ct以下、1 ~ 3 Ct、3 Ct以上、5 Ct以上など)、ダイヤモンドのサイズ(Ct)と値上げの幅が正比例であるが分かった、これも非常に合理的なのだ。時間が経つにつれダイヤモンドの希少度が高くなる中、 大きいサイズの物こそ価値もそれなりに高くなる。大きいダイヤモンドは稀少中の稀少であるため、代理価格もきっと大幅に増加する。価格は高騰過ぎたため、ダイヤモンドに排他性がつき、市場に出回りにくくなり、そういう意味で理想な値段で転売したいのであれば時間が必要です。なので、BOYETは(転売の角度から)1Ct~5Ctのサイズをオススメしたいです:この区間にあるサイズは投資ダイヤモンドにとって“安定性、流通性、収益率”3つの要素の兼ね合いがベストからだ。

ダイヤモンドの“抗危機性”について既に世間に認められている事実のようなものである。伝統的な投資は(株、債券、不動産、未来契約など)2008年の金融危機で崩壊した。然し、当時の金融危機の中で価格に全く影響はなかったとは言えませんが、研磨済みダイヤモンドはその優れた抗危機性を世間に示した。2008年9月(リーマンショックで世界最大規模の金融危機が起きました)から2009年10月まで、ダイヤモンド価格の下げ幅は平均16.5%。ほかにそれぞれの下げ幅は金21%超、プラチナ59%、S&P500種は52%超、上海証券取引所69%超などがある。全ては一気に下落したのではなかったのですが、回復するにはかなりの時間がかかった。当時多くの人はその最悪の危機を避けることができなかった、しかも研磨済みダイヤモンドの価値より多く損失した人が大勢にいた。ダイヤモンドの抗危機性はもっと前にあった危機(90年代末、1987年など)の際にも発揮した。80年代の前期に一度ダイヤモンドの価格が大幅に下落したことがあった。原因は世界全面的のダイヤモンドに対する歪んた投機的な現象が起きました。銀行が人為的に膨らんた株で融資を行い、本来やるべきの貿易業務をまじめにやっていなかったのだ。今のダイヤモンド金融は既に現代化を実現して、ダイヤモンド会社の株や貿易収入などを評価する能力を持つようになった。今の体制が健全であるため、現時点では改善すべきところはない。

まとめ: ダイヤモンドの価格指数は上昇する傾向があり、元々抗危機性という性質が優れていて、そのゆえダイヤモンドは確実に投資に適したアイテムであるのだ。

ダイヤモンドの価格はどのようにして変化するでしょうか?

最近の研究によりますと、これから何十年のダイヤモンド価格はより一層値上げするということを予測され、主な上昇原因は需給に有利な総合的な傾向に影響されると思われます:

インド、中国、ブラジル、ロシアなど新たな市場の需要が増えている

これらの発展途上国の特徴は爆発的な経済発展であって、速いスピードで成長する中流階級が世間に驚くほどの購買力を見せつけている。こういう現象も世界市場のダイヤモンド価格に直接影響を与えているのだ。

自然の資源は有限であり、採鉱能力が低下する傾向があるため、供給が減少になる

過去に比べると、世界のダイヤモンド採掘量が大幅に減りました。金剛石の採鉱を続ける限り、採掘作業の位置は必然にさらなる下の層へ行くので、運営コストにも必ず反映されます。例え新しいダイヤモンド鉱山が発見たとしても、運営に伴う様々な費用が大幅に増加するという予想がつく、何故なら新しい鉱山は到達しにくい所に位置する可能性が高いのです。

以上をまとめると、このような需給に有利な傾向になっているので、時間の経過に伴ってダイヤモンドの価値は増加する可能性が高いと考えられます。

金とダイヤモンドの投資について違いは何でしょうか?

金とダイヤモンドはよく潜在投資家に投資目的として比較される。

金とダイヤモンドの価値を評価する方法は全く別物になります。一つ一つのダイヤモンドは独特であり、カラット、カラー、クラリティ、カット4つの面から見ればそれぞれの特徴がある。金は同質物質であるので、評価の仕方は完全に異なる。

BOYETで購入

どうしてBOYET DIAMONDS の投資ダイヤモンドは最高のコスパを持つのでしょうか?

我が社は効率にこだわって、可能な限り必要のないものを排除する。派手な営業活動をしない、豪華なオフィスや実店舗も持っていません。我が社はいかにBOYETダイヤモンドの投資をより良くすることだけに専念します。

BOYET DIAMONDS の本社は上海に設置されており、2016年からは世界ダイヤモンド貿易センターと呼ばれるようになっている。4年以上の時間が経って、BOYET DIAMONDS のファミリーチームが直接世界中最優秀な供給業者からダイヤモンドを選びます。

BOYET DIAMONDS は直接源頭からダイヤモンドを買い入れる(自家開発した“利基”というダイヤモンドメーカー専用供給システムを利用して、主に南アフリカ、ロシア、インドスーラトなどの地域で営業活動をしています)。またインターネットを通じてお客様に投資ダイヤモンドやダイヤモンドジュエリー シリーズの販売も行っています。

シンプルで直接な売買関係にこだわって中間業者を排除し、また厳格に株の管理を行い、だからこそBOYET DIAMONDSはいつも最強コスパの商品で最高最多の選択肢をお客様に提供することができる。

とにかく、商品の品質は必ずお客様が払った金額に相応すること、BOYET DIAMONDSはお約束します。

BOYETの投資ダイヤモンドはどんな方に販売するでしょうか?

BOYETの経営方針は基本B2Cであって、80以上の国/地域の消費者に自家ブランドのダイヤモンドジュエリーなどを販売しています。そのため主に個人或いは個人投資オフィスを投資ダイヤモンドの販売対象にするのですが、ほかにない仕入れ能力(源頭から)と優れた商品のコスパを強みに、我が社も定期的に世界各地のジュエリー会社と交流を行い、世界中全ての地域のダイヤモンド需要を重視しています。

ダイヤモンドの品質

どういうふうにダイヤモンドの真贋を見分ける?

サイズ一緒の場合、偽物ダイヤモンドは本物より重い傾向がある。本物ダイヤモンドの輝きが独特であり、しかも時間が経っても変わらない、それが偽物どうしても真似できないのだ。

曇るテストも真贋を見分ける方法の一つです。本物の熱伝導率がとても高いため、曇りかすぐ消える。

BOYET DIAMONDSのオフィスでダイヤモンド専用テスト機器を使って真贋を確認するサービスを提供している。

BOYET DIAMONDSはお客様にどんなダイヤモンドをオススメしますか?

将来転売の時に最大限のリターンを得るため、我が社の専門家は下記規格の高品質ダイヤモンドを選ぶことを強くオススメします。カラット、カラー、クラリティ、カット(4C)、そして証書。

カラット 1 ct - 2 ct - 3 ct - 4 ct - 5 ct
クラリティ 拡大してもキレイに見える - VVS1 、 2 - VS1 、2
カラー D - E - F - G
カット 緻密で高品質なカット
証書 Gia

インターネットが普及したおかげで、BOYET DIAMONDSは生産の源頭からコスパの高いダイヤモンドを仕入れすることができる(お客様の要求に応じる場合もある)。またBOYET DIAMONDSも高彩度のカラーダイヤモンドの見積りサービスを提供しています。

BOYET DIAMONDSは投資目的に応じて、どんな違う形のダイヤモンドを提供しているのでしょうか?

ダイヤモンドにも様々な形があります。形によってそれぞれ独特な特徴がある、その特徴で品質を決める。ほとんどの場合、BOYET DIAMONDS は下記2つの形状のダイヤモンドを使って投資を行います:

円形

ラウンドブリリアントカットは今まで最も人気の高いカットであり、一番好かれているダイヤモンドの形状でもある。このカットの形は全てのダイヤモンドの形状の基盤とも言える。円形のダイヤモンドはカット、カラー、クラリティのグレードを考える時に一番バランスの良い選択だと言われでいる。そして最大限にダイヤモンドの輝きを引き出すカットでもある。

プリンセスカット

ダイヤモンドを正方形や長方形にカットする方法です。同じプリンセスカットでも正方形と長方形は大きく異なっている。このカット法はダイヤモンドの深さを決めるにはより多めな重量が必要となる。輝きを最大限に生かすため深さは70%~78%の割合になることは珍しくない

需要に応じて、BOYET DIAMONDSはほかの形状のダイヤモンド、例えばブリオレット・カット、オーバル・カット、ハート・シェイプ・カット、エメラルド・カットなども提供できます。

ハート&キューピッド(H&C、H&A)とは何でしょうか?

ハート&キューピットとは、カッティングされたダイヤモンドは特殊な光学器材を使って観察すれば見えてくる対称性のある光の反射像のことです。

57面体にカッティングされたダイヤモンドはとても美しく輝く。精巧にバランスよくカッティングができた時、パビリオン側に 8つ映し出されたハートに似た模様が見えて、そしてクラウン側に8本アロー(矢)の形に似た模様が見える、実に美しい画像なのです。

ダイヤモンド業界の専門家たちはH&Cの評価の仕方に対して意見が統合していません。何故なら業界にはまだ共通基準がないのだ。例えばある個人或いは会社があるダイヤモンドにH&Cについて高評価をしたとしても、ほかのところに否定される場合もよくある。カットで業界のグレーディング用語"EXCELLENT(エクセレント)"に評価さた場合、ある程度光学対称性であるダイヤモンドに間違いありません。しかし、GIAの“3Excellentトリプルエクセレント”(最高のカッティング、対称性と研磨)の評価を得たとしても、H&Cの模様が必ずしも綺麗とは言い切れません。ダイヤモンド業界の多くの専門家はH&Cの基準を統一するべきだと考えている。最も高く評価された物だけがH&Cの認定を得られる。ただH&Cの模様があるだけで、その模様が基準を満たされない場合H&Cとは呼べない、という声もあります。

通常の判断では、H&Cが観察できたことは最高レベルのカットが施されている証と思われます。8つのハートと8本の矢は優れたカットが施されているダイヤモンドにのみ現れる現象です。でも基準がまだできていない限り、いくらH&Cをよく観察されたと言っても、それが直接ダイヤモンドの保証にはなりません。

実験室IGIとHRDがH&Cを"最高のカット"に評価する。IGIのほうは特定の証書さえある。GIA側はまだH&Cをカットのグレード評価の要素として認めていない。H&Cの現象はカットのレベルの高さとは直結できないと考えている。但し、GIAの証書の備考欄にはたまにH&Aという説明が見えます。それはダイヤモンドにH&Aの文字がレーザーで刻み込んだことを記入しただけです。ダイヤモンドにあった"H&A”という文字のレーザー刻印とGIA証書に記入された説明、どちらもあくまでGIAがダイヤモンドの外見から観察した物に対する説明です。

ダイヤモンド業界はまだH&Cでダイヤモンドを評価する具体的な基準ができていない。その為H&Cにこだわりのある方には、実際に専用の機器を使って自分の目でよくH&Cの模様を観察することをオススメします。

BOYETのお客様サポート スタッフは、いつでもご意見・お問い合わせに対して喜んで回答させていただきます。また、お客様に代わってお好みのダイヤモンドを探すことももちろんできるのです。

BOYET DIAMONDS のダイヤモンドには証書/或いはレーザー刻印が付きますか?

BOYET DIAMONDS は分級とテスト済みのダイヤモンドしか提供しない、全てダイヤモンドは最も権威の高いグレーディング機構に認証された。一つ一つの研磨済みダイヤモンドには( 0.30 Ct以上)身分を証明する証明が付きます。それはロックされた圧縮ファイルであり、そのダイヤモンドの4Cについて細かく精確に説明し、価値を確認する際には役に立ちます。証書にはダイヤモンドの貨幣価値が表示されません。ダイヤモンド業界で著名な証書:

GIA:アメリカ宝石学研究所

また、BOYET DIAMONDS から購入された投資目的のダイヤモンドは1 Ctからお客様の要求に応じて、ダイヤモンドに認証番号をレーザー文字で入れるサービスを提供しています。

もっとファンシーカラーダイヤモンドに関する情報

ファンシーカラーダイヤモンドは稀少性が高く、無色ダイヤモンドよりも貴重だと思われている。本物のカラーダイヤモンドは大自然からの贈り物。色は実に多様であり、ピンク、黄色、ブラウンや赤などの色がある。ファンシーカラーダイヤモンドは非常に数少ないところしか発見できない。

10,000個に1個の色付き石しか出ないので、だからファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれている。こういうダイヤモンドを購入する時、色の彩度と均一度が一番重要なポイントになる。この時、白い或いは無色ダイヤモンドを購入する時の着目点(カット、クラリティなど)はそれほど重要では無くなるのです。

ファンシーカラーダイヤモンドの発色にはそれぞれに原因があります。黄色は炭素の結晶に窒素が入り込むことにより着色されています。ブルーは結晶にホウ素が入り込むことにより着色されています。ピンクと赤の発色原因がまだ明確に分かっていない。色は稀少であればあるほど、発色は強ければ強いほど、価値が高くなる。黄色とブラウンのファンシーカラーダイヤモンドは比較的多く見られる。赤、ブルーと緑はファンシーカラーダイヤモンドの中ではなかなか見られなくて稀少性が高い。

强度

色の強さとは、色の深さ或いは色の豊富性を意味する。これはファンシーカラーダイヤモンドを購入する時の最も大事な着眼点です。色が強くなるにしたがって稀少価値もそれなり高くなり、もちろん高値で取引されるのです。

BOYET DIAMONDSの全てのファンシーカラーダイヤモンドは100%天然であり、人工的な処理は一切しておりません。

カラット

彩度のグレードの次に、重量(カラット)はファンシーカラーダイヤモンドの価格を左右する二番目の要素です。1カラットは0.2グラムになる。“カラット”の言葉の由来は“カラット”という種の名前に因んだのです。ダイヤモンド貿易商が最初に取引に使った重量単位である。ダイヤモンドは重量の増加に伴って稀少度も高くなり、価値がどんどん跳ね上がっていく。

クラリティ

地球内部深いところで非常に高温高圧の環境から生成されるダイヤモンドは、それぞれに生まれ付きの独特なあざみたいな物資が多かれ少なかれついている。クラリティはダイヤモンドのインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(疵)の程度を表します。クラリティのグレードはLC(拡大して見てもキレイ)、IF(内部無欠点)やI3(トータル的欠点がある)などがある。クラリティのグレードが高ければ稀少度も高くなり、値段も大きく高まります。ファンシーカラーダイヤモンドの評価基準中に、クラリティの重要性は無色ダイヤモンドほど重視されていません。色が濃くて鮮やかな石ほど内包物の存在も目立たなくなるのは事実なのです。

カット

ファンシーカラーダイヤモンドの場合、色を強調するためにカットを施されます。輝きを最大限に引き出すようカットされる無色ダイヤモンドと比べると、鮮明な対比になる。ファンシーカラーダイヤモンドには輝きも必要ですが、カットの際にもっとも重要視される特徴はカラーです。

シェイプ

シェイプはダイヤモンドを上から見たときの全体の外観を意味します(ラウンド、プリンセス、マーキスなど)。ファンシーカラーダイヤモンドは、天然色を強調するために非従来型シェイプにカットされる場合が多くあります。ファンシーカラーダイヤモンドは非常にまれであるため、いつでもご希望のシェイプやカラーが入手できるとは限りません。